【6/1最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のバッグの失敗しない選び方(おすすめ・購入方法)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で使用する保温バッグにはいくつか種類があるのをご存じでしょうか?今回は配達初心者から上級者まで、ウーバーイーツの配達員が知っておくべきバッグに関するポイントをまとめた!購入や買い替えの参考にぜひご活用ください!

この記事でわかること

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用バッグの購入方法
  • 配達用バッグの性能の詳細とおすすめ
  • 配達用バッグとセットで使用するグッズなどの紹介

Uber Eatsの初回注文は割り引きクーポンが使える!

1,000円引きプロモーションコード:interjpe216j7j6

>>注文アプリを開く

  • 最低注文金額無し(実質0円での注文可能)
  • 使用期限:2021年6月31日まで

※当コードは上記リンクから登録しない場合正常に反映されない場合があります。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用バッグを購入する方法

Uber Eatsの配達員(配達パートナー)を行うには、登録後に配達に使用するバッグを自分で用意する必要があります。

2021年6月現在バッグはアマゾンにUber Eatsの公式が出品しているバッグを購入する流れになっています。無地のバッグは生産がストップしています。そのため、Uber Eatsが販売している購入可能なバッグは最新版(防水仕様)の黒と緑色のバッグになります。

Uber Eats配達用ロゴ有りバッグ

ロゴ有り Uber Eats配達用バッグ(最新版)

Uber Eats配達用ロゴ無しバッグ

ロゴ無し Uber Eats配達用バッグ

Uber Eatsの配達では、Uber Eats公式が販売しているバッグを使用しなくてもOKなため、下記のような一般のバッグも選択肢に入ってきます。

Uber Eats公式のロゴ無しバッグの代替品として、さらにサイズが小さいめライトユーザー向けに最適なバッグになります。

最新版の防水バッグに新カラーが登場しました!在庫が補充されても売り切れる状態が続いていますので、購入を検討される方はたまにチェックして在庫を確認しましょう。

性能としては色が違うだけで性能はロゴ有りの黒バッグと全く一緒です。夜に配達することが多くなる場合は視認性の高い緑色のバッグがおすすめです。

おすすめのバッグは二つ!Uber Eatsのバッグは価格と性能差に注意

現在Uber Eatsがアマゾンに出品しているバッグは二種類あります。ロゴ有りで防水仕様のバッグが最新版です。一方、ロゴ無しの布地のバッグは最新版より古い時期から配布されていたもので、防水ではなく品質が低いものになってしまっています。

そのため、Uber Eatsのバッグでどちらを買うべきかといえば、ロゴ有りバッグ一択になります。

さらに、最近では Cherrbollバッグのようなサイズ感がちょうどよく普段使いもできる性能の良いバッグも出てきていますので、一緒に比較してみましょう。

公式ロゴ有りバッグ公式ロゴ無しバッグCherrbollバッグ
価格5,000円4,000円4,559円
防水性有り無し無し
クッション性非常に良い普通普通
大きさ大きい(46 x 31 x 46 cm)一番大きい(65.5 x 47.5 x 47 cm)小さい(長さ33.5cm×幅25.5cm×高さ41cm)
重さ比較的重い(3.18 Kg)比較的軽い(2.02 Kg)軽い(1.38 Kg)
チェストストラップ有り無し無し
底面のDカン(固定用)有り無し無し
スマホケース有り無し無し
耐久性高い形が崩れやすい標準的
断熱シート(しきり)有り有り有り
オススメ度★★★★★★☆☆☆☆★★★☆☆

ロゴ有りバッグのメリットは何といっても防水性です。さらに、背面・肩紐のクッションが超肉厚で非常に疲れにくい仕様になっています。質感もしっかりしていて、ぶっちぎりで一番おすすめのデリバリーバッグといっても過言ではないでしょう。

一方Cherrbollのバッグについてですが、Uber Eatsのバッグと比べサイズが小さいです。Uber Eatsのバッグは「大は小を兼ねる」といった具合に無駄にでかいのが特徴ですが、Cherrbollバッグの大きさで十分ですし、このくらい小さければスーパーや街中で背負っていても邪魔になりません。ロゴもありませんので背負っていても「デリバリーの人」として見られることもほぼなくなります。他人の視線や取り回しを楽にしたい方、ガッツリではなく気軽に配達をしたい方にはCherrbollバッグがおすすめです。

Uber Eatsのロゴ無しバッグについては、上位互換のCherrbollバッグが出てきたためもはや購入するメリットは皆無でしょう。ロゴ無しが良いな…と迷ったらCherrbollバッグ一択です。

最新ウバッグの性能

Uber Eats(ウーバーイーツ)の差新版防水バッグの画像
Uber Eats(ウーバーイーツ)の最新版バッグ(配達用リュック)

ここではロゴ有りのバックの性能について詳しくまとめていきます。

防水仕様

配達用に作られているため防水性は高いです。土砂降りの雨でもバッグの中が濡れることはありません。ですが体に接する面(背中と肩紐部分)はクッションにメッシュ生地のため濡れます。通常、雨の日の配達はレインウェアを着て行いますので問題ありませんが、配達終了後に干す手間が必要です。

クッション性が高く疲れにくい

背面にあるクッションが分厚く、腰や背中をしっかりとサポートしてくれるため従来のウバッグと比べ痛くなりにくく、疲れづらいです。長時間配達を行う場合、とても重要な要素の一つです。

保冷・保温性が高い

こちらも配達する商品を適温で届けるための保温性がとてもしっかりしています。また、仕切りがあるため冷たいものと暖かいものを同時に保温することも可能です。

拡張機能付き

バッグ自体が大きいので基本的に使う機能ではありませんが、チャックを広げることによって空間を拡張することができます。

チェストストラップ付き

疲労を低減させるチェストストラップが付いています。肩紐を固定するためのベルトが胸のあたりにあり、移動中の肩への負担などを和らげてくれます。疲れを低減することができるため、意外と重要なアイテムです。

固定するための金具(Dカン)付き

底面にある4つの金具は、バイクや自転車にバッグを固定する際に重宝します。バッグを背負って配達する場合はかなり疲労がたまりますが、台座に固定して配達を行う場合疲労を低減させることができます。

たたむことができる

荷物が少ないときはたたむことができます。電車などでの持ち運びの際にとても便利です。たたんだ状態で背負ったり、手提げのように片手で持つこともできます。

Cherrbollバッグの性能

Uber Eats以外のバッグでイチオシのCherrboll製バッグのメリットについてまとめます。

サイズがコンパクトで「Uber Eatsの人だ」と思われない

Cherrbollバッグを使うメリットはこれに尽きると思います。Uber Eatsのバッグはとても大きく重いですが、実際に運ぶ商品のほとんどはバッグの半分以下の量でしかありません。そのため、Cherrbollバッグのサイズで十分ですし、サイズが小さいと配達員っぽくないので、スーパーやショッピング、街中に居ても邪魔になりませんし違和感もありません

もし配達業を専業でがっつり行いたいのであればUber Eatsのロゴ有りバッグの購入をお勧めしますが、週末だけの配達や短時間の配達だけ行う場合、このCherrbollバッグで十分すぎるはずです。

ただし、Uber Eatsのバッグと比べるとやや耐久性が劣りますので、長く使用したい場合は注意です。

防水性はないため別途防水カバーの用意必須

このCherrbollバッグは防水性能がなく、水に弱いため雨の日に稼働する場合防水カバーが必須になります。

雨に濡れてしまうとバッグが痛んでしまいますので、極力ぬらさないように気をつけてください。

これから新規登録する人は緑の最新バッグが選べる!

2021年3月3日、緑色の最新版のバッグが販売開始されました。アマゾンから購入することができます。

性能としては、既存の防水黒バッグと完全に同性能とのことです。

今回、緑色のバッグが発売された背景として、交通事故が発生していることが要因のようです。

入荷してもすぐに売り切れてしまうので、入荷のタイミングをたまにチェックしておくと購入のチャンスを逃しません。

>>Uber Eatsの配達パートナーに登録する

menu等の他社バッグの使用も可能!ただし登録必須

Uber Eatsの配達は公式のバッグを使用しなくてもよいという方針になっています。

Uber Eatsの配達を行うのであればUber Eatsのバッグを購入するのが普通ですが、在庫がなく購入できない場合や他社サービスでの配達も検討している方はあらかじめ他社のバッグを購入しても良いかもしれません。

Uber Eats以外では、DiDi FoodWoltmenuといった類似のデリバリーサービスのバッグがあります。

DiDi FoodWoltの場合はオンライン研修を受けた後にバッグを借りることができます。(デポジットが別途かかります。)

menuの場合は配達員登録後、公式オフィャルショップから購入することが可能です。

各社のバッグは、やはり配達用に作られているため頑丈で保温性が高いです。Uber Eatsのバッグ以外で迷った場合は類似サービスのバッグも検討してみましょう。

一般のバッグは耐久性に欠けるが種類が豊富

市販の保温バッグはさらに安い値段で購入できますので、値段やサイズが気になる方はその他の製品を検討してみてもよいかもしれません。

参考:アマゾン「保温 バッグ」検索結果

ですが、一般的な保温バッグはつくりが弱かったりサイズが小さかったりしますので、購入の際はアマゾンのレビュー欄などをよく吟味してから購入してください。例えば、サーモスのソフトクーラー15Lサイズでは、小さすぎて配達には不向きです。最低でも20Lサイズを購入する必要があります。

配達では背負うリュックタイプのものが一番扱いやすいですが、バイクや自転車に固定して配達を行う人も多いです。運用方法によってもサイズや肩紐の有る無しを検討してみましょう。

これらのほかにも、アマゾンなどで多くの配達用バッグが販売されています。基本的にはUber Eatsの公式の最新バッグが高品質ですが、サイズ感や値段次第では、前述したCherrbollバッグのような一般のバッグを使用することも視野に入れて検討してみましょう。

Uber Eatsの配達時に必要になるその他のグッズ

実際に配達をする場合、他にも必要なものがありますので配達を開始する前に用意しておきましょう。

スマホホルダー

移動中にマップを見たり、注文依頼を受けた際に操作する場合がよくあります。スマホをポケットに入れていちいち出し入れしていたらとても面倒ですし危険です。

ほとんどの配達パートナーはバイクや自転車に固定するタイプのスマホホルダーを使用していますので、参考にしてみてください。以下は最近一番人気のあるおすすめのスマホホルダーです。事故を起こす配達パートナーも増えていますので必ず用意しましょう。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達に使えるスマホホルダー Tiakia 自転車 バイク スマホホルダー

Tiakia 自転車 バイク スマホホルダー

モバイルバッテリー

配達アプリなどを起動しているとバッテリーの消費が激しく、すぐに電源が切れてしまいます。そのためモバイルバッテリーがあると便利ですし、普段使いもできますのでぜひとつは持っておいてください。最近のモバイルバッテリーは性能がとても高くなっています。

Uber Eatsの配達に使える大容量モバイルバッテリー(26800mAh&PSE認証済)

26800mAh 大容量モバイルバッテリー

バッグ内のすき間をうめる緩衝材

Uber Eatsの配達用バッグはとても大きいですが、実際に運ぶ商品は小さかったり少ない場合がほとんどです。そのため、バッグの中に商品だけを入れると配達中に揺れたり傾いたりして中身が崩れてしまうことがあります。

商品が崩れてしまうと低評価を受ける原因やもめる原因になりますので、丁寧に運ぶ必要があります。多くの配達パートナーの間では、バッグ内のすき間を埋めることによって商品のかたむきを防ぐ工夫がされています。

タオルや大きな紙等で工夫することもできますが、保温性の高い「サバイバルシート」が人気です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で活躍するカサカサ音が少ない 静音 サバイバルシート
カサカサ音が少ない 静音 サバイバルシート

このシートをクシャクシャにしてバッグに詰めるだけで、商品が安定し温度も保たれます。使わない時はたたむことによって小さくなりますし軽いため邪魔になりません。

下記参考記事とあわせて、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
Uber Eats配達で商品をぐちゃぐちゃにさせないための方法【配達パートナー視点】
Uber Eats配達で商品をぐちゃぐちゃにさせないための方法【配達パートナー視点】Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達をしていていると、丸皿やドリンク1本といった不安定な商品を請け負ったりします。「料理をこぼしてしまわないか」そんなよくある不安...

配達パートナー登録がまだの場合はこちらから

配達パートナー登録をする際の実際の流れです。

まずはウェブ登録を行い顔写真や身分証明書が承認されるのを待ちます。

>>Uber Eatsの配達パートナーに登録する

承認されると次のステップの案内メールが届きますので、それにしたがって電話予約などを勧めていきます。案内の内容・流れは変更される事がありますので、実際の案内にしたがって登録を進めてください。

電話予約をすると、指定した日時に非通知の電話がかかってきます。そのなかで配達に関する説明を受けると、配達が行えるようになります。

電話予約ページ

最近では電話をしなくてもアカウントが有効になる場合があるようですが、初めての配達はわからないことが多いと思いますので、電話で説明を受けてから配達をすることをお勧めします。

まとめ

転売品や性能の悪いバッグを買ってしまわないように注意してください。もし手に入らない場合は新しく入荷するまで待つか、他のバッグやリュックなどを検討してみてください。

バッグを購入後は、実際に配達する際に必要になる道具についても検討してみてください。

下記の記事では不安定な商品をこぼさずに運ぶために必要なグッズ等を紹介しています。併せてご覧ください。

Uber Eats配達で商品をぐちゃぐちゃにさせないための方法【配達パートナー視点】

スマホや体が濡れないように、雨の日の対策は必須です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)雨の日の配達に備えよう!注意点と便利グッズまとめ

頻繁に遭遇する「ピンずれ」対策をまとめました。

ウーバーイーツ配達中のピンずれ対応策【正しい住所がわからない】

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる