Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げる?効率よく稼ぐ二つの方法とオススメの働き方【コアタイムor自宅オンライン】

時間に縛られない自由な働き方が話題になっているUber Eats(ウーバーイーツ)。短期間でで200万円稼いだ人が話題になったり、一日で2万円以上稼ぐ人も多く報告されています。

ツイッターに報告されている売り上げランキングでは一日で4万円以上稼ぐ人も・・・!

売り上げの自動集計BOT:ウーバーイーツ売り上げランキング

しかし、大きく稼げている人がいる一方で、「あまり稼げない」という声も多く見かけます。特に最近では「配達報酬がスリコ(300円)ばかりで稼げない」という声もかなり多いです。この収益性の差は配達手段や配達エリア、時間帯等によって大きく異なってきます

そのため一概に「稼げる!」「稼げない!」ということはできません。Uber Eatsでしっかり稼ごうと考えた場合は、次の情報を推測・リサーチし、およその収益性を把握しておきましょう。

  • 配達を希望するエリアではどのような配達手段や戦略が必要となるのか
  • 配達を希望するエリアで他の配達パートナーがどれだけ稼げているのか
  • 高額な売り上げを挙げている人はどのように配達をおこなっているのか

こういった情報を調べることによって効率的に配達が行え、一日辺りの売り上げが大きく上がることにつながります.

一方で、なんとなく配達をしてしまうと、配達リクエストが来ずいつまでたっても低効率となり、稼げる金額が運任せになってしまいます

それでは、実際にどのように考え、分析をしていけばよいか具体的に見ていきましょう。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みをおさらいしておきましょう。

注文者・お店・配達パートナー(配達を行う個人)がそれぞれ専用アプリを使い、三者がマッチングすることによってデリバリーサービスが成り立っています

配達報酬の金額はエリアや時間・天気・配達距離などによって変動します。需要と供給のバランスをUber Eats側がコントロールしているため、注文者と配達パートナーがマッチングせず配達が行われないという状況はあまり発生しません

ですが、注文の少ないエリアではあまり配達をすることができませんので次のような現象が起こります。

あまり稼げないため配達パートナーが減る(そもそも少ない)

注文をしても配達パートナーが近くにいないため配達が行われない

このようなエリアではどう頑張っても大きく稼ぐことは無理ですので、潔くほかのエリアまで移動するべきです。

実際に、バッグをもって電車で都心に向かいレンタル自転車で配達をしたり、バイクで稼げる場所まで通勤するといったケースは多くあります。

一方、都心のように注文数が多いエリアでは次のような現象が起こります。

  • 注文数が多く誰でも稼げるため、常に配達パートナーが待機
  • 配達パートナーが足りない時は配達報酬が一時的に上がる

こののような状況では、長時間配達を行うか追加報酬があるタイミングだけ配達をするかのどちらかが、主な効率の良い配達方法になります。これについては、次の項目で詳しく解説を行います。

配達したいエリアの注文と配達のバランスを確認するためには、一度注文をしてみるとわかりやすいです。

そもそも配達パートナーが付近に居るのか」といったことや、配達パートナーが向かってくる様子などをリアルタイムで確認できるため配達パートナーをしていく上では学べる部分が多くあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー
Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Uber Eatsの初回注文は割り引きクーポンが超お得!

2,500円引きプロモーションコード:JPEATS24

☝専用ボタンから開くと入力可能です。

  • 最低注文金額:無し
  • 使用期限:2022年1月31日まで
  • 使用上限回数:先着50,000名

実際は稼げる?稼げない?効率次第の配達

前述のように、注文の数や配達パートナーの多さによって収益性は異なります。収益性に影響する主な要因をまとめると次のようになります。

配達エリアエリアの注文数が多いか
人気店舗が近くにあるか
時間帯注文の多い時間帯か
追加報酬クエスト・ブースト・ヒートマップ等の有無

配達エリアについてですが、配達する場所が都心か地方か、街の中心地か郊外かという二つの視点があります。

都心であればあるほど配達リクエストは多く鳴る傾向にあります。一方で地方の場合注文数自体が少ないため、駅前など街の中心にいてもあまりリクエストが来ない割合も増えます

以前であれば「注文の入った店舗に近い場所に待機している配達パートナーに優先して配達リクエストが送られる」という状態でしたが、現在は必ずしもそうではないようです。

時間帯について、一番注文数が多く鳴るのはランチタイムです。ほかにはサービス開始直後の朝の時間や、夜は夕食時に限らず注文時間が分散する傾向にあります。また、平日よりも休日の方が注文数が増えます。

そのため普段より誰でも稼ぎやすくなる一方、配達パートナーの人数も増えますので、実際に配達をしてみて普段より効率が良いかを確認してみてみる必要があります

追加報酬はその時々によって金額や条件が異なります。短時間で稼ぐ場合は以下に追加報酬を得るかがポイントになってきます。

これらの情報を踏まえ、実際にどのような配達スタイルで稼働すればよいかを考えていきましょう。

コアタイムに稼動する時給重視の方法

Uber Eatsの配達報酬額は場所や時間、天候によって変動します。たとえば注文が多く クエストやブーストのつきやすい大体11~15時と18~21時に配達をおこなった場合は配達効率が良く見た目の時給も高くなります。

さらに、配達依頼は注文の入った店舗に近い配達パートナーに送られる傾向が高いため、人気店が多くあるスポットを見つけることによってさらに効率が上がります。

そのような方法で配達を東京で活動している私の場合、通算すると時給1600円強です
(初月の達成報酬や紹介料などの特別報酬を引いてクエストやブーストを含めた純粋な金額)

時給2000円超えのときもあれば時間帯や条件によって時給1000円を割ることもあるので、その平均と捉えてください。

自宅オンラインで鳴った時だけ出発する方法

時給換算ではあまり良くない物の、自宅でアプリを起動しておき注文が入ったときだけ配達にいくという通称「自宅オンライン」という方法もあります。

この方法では、時給が低く見える一方で片手間に行うことができるので人によっては非常に効率的です。

そのため時給換算で安いか、稼げないかと聞かれると、「一概には言えないが勝ちパターンを見つければ効率よく稼げる」のが、正直なところです。

自由にアルバイト以上稼ぐことは可能だが安定はしない

実際コンビニバイトなどから比較すれば稼げます。また、シフトや勤務時間の縛りもありません。

しかし、Uber Eatsの配達は24時間営業していないのと、稼げる時間帯や場所ががある程度限られてしまいます。

そういった稼げない状況に居るとき、どうすれば稼げるか?という思考を張り巡らせる必要はあるかと思います。

たとえば場所が悪いのか、時間が悪いのか、注文数が少ないのか等々、そういったことを考慮できるのであれば、私は配達パートナーを断然おすすめします。

健康と副業・掛け持ちの相性が抜群に良い

最大の魅力はここにあるといっても過言ではないかもしれません。配達の仕事は自分がやりたいと思ったときにやることができます。そして注文数は土日・祝日のほうが多い傾向にあります。

例えば平日は仕事や学校へ行き、土日祝日や空いた時間に気が向いたら配達をするという自由かつ効率的な働き方で稼ぐことが可能になります。

こういった働き方は大学生や社会人にとても向いているように思います。「仕事が入ってるからその日は空けられない」ということにならず、疲れていたら休めば良いし、当日のスケジュールの変更が自由自在に出来るからです。

たまたま空いてしまった時間を活用することも自由にできます。また、平日よりも土日のほうが稼ぎやすい傾向にあるため都合がよいです。

健康的な働き方

もし普段座り仕事や勉強をしていて運動不足だったり、太り気味という方には、自転車をこいで運動をしつつ、報酬ももらうというストレスフリーで健康な効率的な働き方ができます。

適度な運動はその日の脳のパフォーマンスを上げるだけでなく、ストレス発散、セロトニン(幸せホルモン)やドーパミンの分泌によって精神の健康に大きく貢献します。

私が配達を始めた理由のひとつでもあり、その効果は強く実感しています。

副業としての魅力

一般的に副業をしようと思ったらそれをするための基礎知識が必要になる場合がおおいです。未経験でも出来る案件をクラウドソーシングサイトで探した場合とても低単価です。

一方Uber Eatsの配達パートナーは18歳以上であれば知識ゼロで始めることができ、「誰でも・すぐに・ある程度」稼ぐことができます。

慣れればさらに効率よく稼げるため、副業をする上での敷居が低く簡単に始められます。ここまで都合の良い副業はほかにそうそうありません。

特に今は特別報酬等が高額なため特にオススメです。

働き方はひとそれぞれです。配達を月一日だけする人もいれば毎日する人もいます。主な収入源として働いている人もいれば自転車が好きだから配達をしている人もいます。だれでも気軽に始めることができるUber Eats配達、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

配達パートナーになるには

配達パートナーになるためには18歳以上であることが条件です。配達手段は次の4つとなります。一番オススメの配達手段は比較的稼ぎやすく疲れずに長時間稼げるバイクでの配達です。

配達手段
  • 自転車
  • バイク
  • 軽貨物車両
  • 徒歩(ウーバーウォーカー)

最近では登録車両が無くとも配達ができる「ウーバーウォーカー」という配達方法も実装されましたが、徒歩での配達は芦屋体への負担が大きく、「稼ぐ」というよりは「運動する」といったニュアンスの方が強いようです。

配達パートナーに登録するには、ウェブ登録→必要書類の提出→交通ルールのテストを受けるといった流れが必要になります。詳しくはこちらの記事を参照してください。

実際に配達ができるようになるまで2週間程度かかる場合もありますので、配達を検討している方はとりあえず先に登録だけ進めてしまっても良いかもしれません。

実際の配達に必須のアイテムや便利グッズなどはこちらの記事が参考になります。

配達エリアを分析:注文アプリで店舗を確認する

配達に慣れてくると「どこの店舗が人気か」「このマクドナルドは営業中か」などを注文アプリで確認するテクニックを使って効率を研究したりします。

たとえばマクドナルドであれば大概、評価数マックスの「500+」になっています。人気の無い店はこの評価数が低く、注文の多い店は数百以上ついている場合が多いです。こういった情報をもとに鳴りやすい店やエリアを確認して待機するとさらに効率が上がります。

「いつも鳴っているエリアなのに今日はぜんぜん鳴らない」と言った場合は注文がストップしている場合も多いです。そういった確認をするためにも、注文アプリもあわせてインストールしておきたいところです。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー
Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

初回注文が高額割り引きになるプロモーションコードもありますので、注文の際にはぜひご利用ください。

Uber Eatsの初回注文は割り引きクーポンが超お得!

2,500円引きプロモーションコード:JPEATS24

☝専用ボタンから開くと入力可能です。

  • 最低注文金額:無し
  • 使用期限:2022年1月31日まで
  • 使用上限回数:先着50,000名
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる