【6/22~】Uber Eats(ウーバーイーツ)が東京23区で「徒歩」の配達開始

Uber Eats(ウーバーイーツ)は6月22日から東京23区限定で徒歩での配達が可能となりました。

今回は配達員(配達パートナー)に向けて、新しく開始されたシステムについて解説していきたいと思います。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「徒歩配達」

Uber Eats(ウーバーイーツ)の徒歩配達は6月22日から東京23区で近距離での配達のみという、配達員(配達パートナー)の新システムとなります。今回の徒歩配達は試験運用として導入されています。

徒歩での配達が可能になったことで配達員(配達パートナー)には様々なメリットが生まれることになります。

  • 自転車を持っていない方でも配達が可能
  • 自宅からあまり離れたくない方に適している
  • 様々な手間を省いた配達が可能

などの点があります。

自転車を持っていない方でも配達が可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)の基本として配達は、自転車やバイク等の移動手段が必要となっていました。ですが、今回の徒歩配達の導入により、自転車やバイクを持っていない方でも徒歩による配達が可能になりました。今まで配達員(配達パートナー)になりたいけど自転車を持っていなかったという方、配達員(配達パートナー)にはあまり興味が無かったという方でも今回の新システムによって、新たに配達を始めやすくなりました。

自宅からあまり離れたくない方に適している

通常の自転車やバイク配達の場合だと商品の届ける先が自宅から逆の方向にというのが続くと、配達員(配達パートナー)の配達作業を終了し、自宅に帰る際に現在地が自宅からかなりの距離がある場所になってしまうという問題が度々あります。ですが、徒歩配達の場合は近距離の配達のみとなります。配達の距離が近距離なので自宅からの距離もあまり遠くなる心配がありません。

様々な手間を省いた配達が可能

徒歩配達により様々な手間を省きつつ配達が可能になります。多くの配達員(配達パートナー)による自転車配達の場合だと、店舗から商品を受け取る際や注文者に商品を渡す際に毎回自転車を止めるという作業が必要になります。さらに、人が多いところや自転車が通るには狭い道だと自転車を降りて押す手間も発生します。

しかし徒歩なら、そんな手間がありません。自転車を止めるという作業はもちろんありませんし、人が多いところや狭い道、階段や坂道でも問題なくスムーズに配達が可能となります。

徒歩配達の問題点

ここまで徒歩配達の導入により様々なメリットを紹介してきましたが、現在考えられる可能性がある問題はいくつかあります。

  • 配達案件の競争激化
  • 自転車やバイクの近距離配達の減少
  • 近距離の配達案件がない場合働けない

などの問題が考えられます。これについて一つ一つ説明していきます。

配達案件の競争激化

Uber Eats(ウーバーイーツ)で新しく徒歩配達が追加されたことで、配達員(配達パートナー)の数がさらに増えることになると思います。配達員(配達パートナー)の数が増えるということは、回ってくる配達の仕事が少なくなります。今回の徒歩配達の追加は東京23区のみであり、新宿や渋谷の夜は配達員(配達パートナー)が足りないという状況なので場所によってはあまり問題がないかもしれませんが、全国的に徒歩配達が追加された場合には競争激化という問題が起こると思われます。

自転車やバイクの近距離配達の減少

近距離の配達が徒歩配達に任されるようになると、自転車やバイクの配達員(配達パートナー)の近距離の配達が少なくなってしまいます。自転車やバイクの配達員(配達パートナー)にとっては配達の効率が悪くなり、稼ぎにくくなる可能性があるかもしれません。

近距離の配達案件がない場合働けない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式によると、徒歩配達は近距離限定の配達方法となっているようです。つまり、近距離の配達案件が無いような時間や地域の場合はまったく稼げないということになります。実際にはどれくらいの距離が徒歩配達となるのかはまだわかりませんが、配達案件が少ないという問題は起こると思います。

自転車配達の場合には、今まで様々な問題がありました。Uber Eats(ウーバーイーツ)には限らず、たくさんのデリバリーサービスにおいて、自転車の危険運転によって接触事故や迷惑走行などの問題が多発していました。ですが、徒歩配達が Uber Eats(ウーバーイーツ)に追加されたことによって、自転車事故の減少に少しでもつながる機会となるかもしれません。

配達員(配達パートナー)や徒歩配達の登録方法

ここからは、徒歩配達の導入によって配達員(配達パートナー)の登録方法や徒歩配達の選択の仕方を解説していきます。

徒歩配達の登録方法

すでに配達員(配達パートナー)の登録をしている方向けの徒歩配達の選択の仕方ですが、現在は選択ができません。東京23区のほとんどの地域では選択することができず、徒歩配達を選択できたという方もいないと思われます。アプリ内のアカウントからは車両の追加のみ選択できるという状態です。また、注文者も商品がどのように配達されるかという、配達方法(徒歩・自転車・バイク)をこれまで通り選択することはできません。

今後Uber Eats(ウーバーイーツ)側がアップデート等による徒歩配達の追加があるかもしれませんので、徒歩の選択をしたいと考えている方は対応を待ちましょう。情報が公開されるまで定期的に確認していくことをおすすめします。

配達員(配達パートナー)の登録方法

徒歩配達の登録方法で、徒歩配達の選択ができないと言いましたが自転車やバイクを持っていない方でも配達員(配達パートナー)の登録はすることができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)登録の手順としては

  1. アカウントの作成
  2. 必要書類のアップロード
  3. アプリのインストール
  4. 書類の承認待ち

という流れになります。これらについて順に解説していきます。

アカウントの作成

まずは下のリンクからアカウントの作成をしましょう。

氏名・メールアドレス・パスワード・電話番号・紹介コードを入力します。(紹介コードは任意です)

>>Uber Eatsの配達パートナーに登録する

必要書類のアップロード

身分証明書やバイクの場合は追加で書類をアップロードする必要があります。書類をアップロードしてから認証されるまでは時間がかかると思います。おそらく1週間ほどかかるので早めのアカウント作成と必要書類のアップロードをしておきましょう。

アプリのインストール書類の承認待ち

必要書類のアップロードが終わり次第、配達アプリのインストールをしておきましょう。Uber Driverというアプリをインストールし設定をしたら、後は書類の承認を待ちましょう。

余裕がある方はあらかじめ報酬受け取り用の銀行口座の登録とクレジットカードの登録をしておきましょう。対応していない銀行口座があるので、自分の口座は登録ができるのか確認しておくと後から報酬を受け取れないなどの問題がなくなります。クレジットカードは注文者が現金払いの場合に必要となってきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)登録の段階で気になることなどがある方は下の記事で配達員(配達パートナー)登録について詳しく解説していますのでご確認ください。

あわせて読みたい
Uber Eatsの配達員登録や初配達で直面する問題と対策まとめ
Uber Eatsの配達員登録や初配達で直面する問題と対策まとめUber Eatsで配達員(正しくは配達パートナーと呼びます)として働いてる人は日本全国でどんどん増えてきています。配達パートナーを本業としている人も、副業にしている...

徒歩配達に必要なアイテム

これから徒歩配達をはじめようとしている方に必要となるものをご紹介していきたいと思います。

  • スマホ
  • 自転車やバイク(必要な方)
  • 配達バッグ
  • 商品を崩さないための道具

自転車やバイクは必要ではありませんが、徒歩配達から移行する場合には準備しましょう。徒歩配達が自分には合わず、自転車やバイクで配達をしたいと決めてからでもいいので、急いで準備する必要はないと思います。

配達バッグ

Uber Eats配達用ロゴ有りバッグ

ロゴ有り Uber Eats配達用バッグ(最新版)

Uber Eats配達用ロゴ無しバッグ

ロゴ無し Uber Eats配達用バッグ

徒歩配達の場合でも専用の配達バッグを使用する必要があります。

上の配達バッグはUber Eats(ウーバーイーツ)公式が出しているものになります。機能が備わっているのならばUber Eats(ウーバーイーツ)公式である必要はありません。配達バッグの価格は4000円近くのものが多いと思います。自分に合っている、気に入った配達バッグを購入することをおすすめします。

商品を崩さないための道具

配達をする際に配達バッグ内で商品が動き、崩れないためには固定するための道具が必要になります。

上のは静音サバイバルブランケットとなりますが、このようなものを購入しなくても家にあるもので代用が可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の徒歩配達ならばこのくらいのアイテムを準備すると配達を開始することができます。必要書類のアップロードの認証に時間がかかることを頭に入れておけば、特に迷うことなく配達ができるところまで行けると思います。後は配達員(配達パートナー)になってから、快適に配達をするために自分に必要なものや徒歩配達に必要になるものを探してみましょう。

徒歩配達についてのまとめ

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)が6月22日から東京23区で開始した徒歩配達について解説しました。

今回の記事内容を簡単にまとめると、

  • 6月22日から東京23区限定で開始
  • 徒歩配達の追加で発生する様々な良い点と悪い点
  • 現在は配達員(配達パートナー)が徒歩配達の選択ができない
  • 注文者は配達方法(徒歩・自転車・バイク)を選択することはできません。(以前と変わらず)
  • 配達員(配達パートナー)の登録方法と徒歩配達に必要なものの紹介

という内容でした。

現在は、配達員(配達パートナー)が徒歩配達の選択ができないという問題が発生していますが、おそらく今後Uber Eats(ウーバーイーツ)が対処すると思われます。修正される予定はいまだにありませんが、対応を待ちましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる