Uber Eats(ウーバーイーツ)の同時配達で配達手数料を無料にするテクニック

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達手数料を無料にできる方法がいくつかあるのをご存じでしょうか?

例えば、月に980円を支払うことで1か月間配達手数料がかからなくなるEatsパスがありますが、ほかにもタダで利用できるお得な注文方法があるんです!

その方法は、意外と知られていない「同時配達」です。

この記事では「同時配達」とは一体どういったサービスなのかまとめて解説していきます!

あわせて読みたい
解説!Eatsパス(イーツパス)でUber Eatsの配達手数料を無料にする方法
解説!Eatsパス(イーツパス)でUber Eatsの配達手数料を無料にする方法本来ならば外食しなければならない飲食店の料理を自宅にいながら食べられるUber Eats(ウーバーイーツ)。Uber Eatsはいつでも気軽に利用できる便利な配達サービスですが...
目次

Uber Eatsの同時配達とは?

Uber Eatsは近くのユーザーとの同時配達を利用することで配達手数料が無料になるサービスを提供しています。

Uber Eatsで注文した商品を受け取る場所(自宅など)から近くに住んでいる方などが注文した場合、そのお店が同時配達オファーの対象店舗となり、配達手数料が無料になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の同時配達の表示画面

同時配達対象店舗はアプリなどで確認できるようになっており、同時配達対象の店舗はリアルタイムで更新されます。

同時配達オファーの発生する時間やエリアは変動しますので、注文の増える食事の時間帯にチェックしてみると良いかもしれません。

>> アプリで確認する

同時配達で注文するメリット

同時配達で注文するメリットは配達手数料が無料になることだけではありません。そのほかのメリットもあわせてチェックしてみましょう。

配達手数料が無料になる

先ほども簡単に触れましたが、同時配達における一番のメリットです。

どれだけ配達手数料が高かったとしても無料になるため、配達手数料が高いお店が同時配達オファーの対象店舗に含まれていた場合はかなりお得でしょう。

特に、遠方にあるお店は距離の関係で配達手数料が高くなりやすいですが、同時配達であれば距離による配達手数料の増加・Uber Eats配達パートナー不足による配達手数料増加の影響を受けることはありません。必ず配達手数料が0円になります。

注文金額に制限がない

こちらも同時配達の大きなメリットの一つです。

Uber Eatsには配達手数料が無料になるEatsパスというサブスクリプションサービスが2020年8月から始まっていますが、Eatsパスを利用する場合は合計注文金額が1,200円以上という条件があります。

そのためせっかくEatsパスを利用しても、注文金額が1,200円未満だと意味がありません。ですが同時配達の場合は注文金額に制限はなく、注文金額が1,200円未満でも配達手数料が無料になります。

700円未満の場合は別で最低注文手数料(少額注文における手数料)が発生するため、合計金額が700円以上になるように注文すると良いでしょう

ちなみにEatsパスの場合は選べる店舗に制限がないなどのメリットがありますので、Eatsパスに興味がある方はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

あわせて読みたい
解説!Eatsパス(イーツパス)でUber Eatsの配達手数料を無料にする方法
解説!Eatsパス(イーツパス)でUber Eatsの配達手数料を無料にする方法本来ならば外食しなければならない飲食店の料理を自宅にいながら食べられるUber Eats(ウーバーイーツ)。Uber Eatsはいつでも気軽に利用できる便利な配達サービスですが...

同時配達したいときに気をつけないといけないこと

注文金額にかかわらず配達手数料が無料になる同時配達ですが、利用する上でいくつか注意しなければならないこと、知っておきたいことがあります。

Eatsパスが有効なときは利用できない

一番注意しなければならないポイントです。

Eatsパスを利用している状態の場合、同時配達オファーが表示されなくなり、Eatsパスによる配達手数料無料化が優先されるようになっています。

そのためEatsパス利用者が配達手数料を無料化しようと思うとほぼ例外なく合計金額が1,200円以上になるように注文しなければなりません。

Eatsパスは合計金額が1,200円以上になるように注文するのであれば自由にお店を選べるメリットがありますが、そのかわり同時配達で注文できなくなるので注意してください。

同じようなお店ばかり同時配達の対象になりやすい

同時配達オファーはどうしても同じような店舗になりやすいです。

ありがちなのがエリア内で人気の弁当屋や弁当を販売している飲食店・マクドナルドなどのファストフード店です。

同時配達オファーに表示されるお店は、直近で注文が入ったお店に限定されるので、必然的に注文されやすいお店が表示されやすくなります。

頼みたいお店が同時配達オファーに表示されないことも多くあると思いますが、普段から注文するお店が同時配達オファーに表示されやすい場合は積極的に活用しましょう。

稀に配達時間が長くなることがある

同時配達の場合は必ず一人の配達パートナーが2件以上をまわることになります。

そのため予定していた配達時間より大幅に遅れてしまうことがあるのではないかと思うかもしれませんが、基本的にそのようなことはありません。ですが、100%無いわけではありません。

一軒目の配達先が入り組んだ住宅街だった場合などは迷って遅くなってしまうことがあります。この場合、到着が数分遅れてしまいますが、配達の過程で元の到着予定時刻が早まっている事が多いので、大きな遅延になることはあまりありません。

また、迷わず一軒目をスムーズに配達し終えて自宅に向かってくる場合でも、アプリから配達パートナーの位置をGPSで確認してみると、どう考えても寄り道している、道を間違えていて遅れているようにしか見えないことがあります。

これは単純に一軒目を先に訪れることによる寄り道であって配達パートナーが方向音痴というわけではありません。同時配達で注文した場合はUber Eatsアプリ内の地図のナビゲーション通りの道で来るとは限らないということを覚えておきましょう。

ちなみに、Uber Eatsを利用していてなおかつ到着予定時間をよく見ている方なら気づいているかと思いますが、ほとんどの場合は最初に表示された到着予定時刻よりも早い時間に到着することが多いです。

同時配達の場合も同じで、最初に表示された到着予定時刻よりも早く到着することがほとんどですので、実際に配達が遅延することはあまりありません。

遅延が気になる場合は、商品が多少冷めてもおいしく食べられる物を注文してみましょう。例えばローソンやマクドナルドのポテト以外など、注文を工夫することによって残念な結果を回避することもできます。

Uber Eatsで同時配達注文をする方法

Uber Eatsで同時配達する方法は簡単です。

Uber Eatsアプリを開くと「Uber Eats の新着」など様々なお店が表示されると思います。

>> Uber Eatsアプリを開く

Uber Eatsで同時配達注文をする方法

その画面を少し下にスクロールすると「近くのユーザーとの同時配達を利用する」という項目の下に何軒か配送手数料¥0となっているお店が表示されていることがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料0円の表示画面

同時配達で注文する場合は、こちらに表示されているお店の中から選んでオファーが有効な時間内に注文してください。ここで言うオファーが有効な時間内とは新しいオファーが表示されるまでの時間のことです。

上記画像だと12分32秒以内に成立した注文の配送手数料が無料化されます。

表示されたタイミングによっては残り30秒しか無いこともありますので、そのときはオファーが更新された後に表示されたお店からゆっくり選ぶと良いでしょう。

お店を選んだ後の手順は通常の注文と全く同じです。

同時配達を利用してUber Eatsをお得に使おう!

同時配達は選べるお店の種類がかなり限定されてしまうデメリットこそありますが、配達手数料を完全に無料化できるというメリットがあります。

Uber Eatsをお得に利用する上で必須テクニックですので、いままで同時配達の存在を知らなかった、注文したい店舗を検索して注文しているだけで同時配達の存在を知らなかったという方は、ぜひこれから同時配達も利用してみてください。

アプリで同時配達をチェック!

当サイト限定1,000円引きクーポンをご紹介!

最後に当サイト限定1000円割引クーポンを紹介します。初めての注文の場合は下記の1,000円引きプロモーションコードが使用できます。初回しか使用できないお得なクーポンですので、ぜひご活用ください。

プロモーションコード詳細
プロモーションコード interjpq2206j9df
割引金額 1,000円
使用条件 初回注文時のみ
最低注文金額 制限なし。1,000円以下でも利用可能

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる